メニュー 閉じる

三脚穴はボディセンターに無いと使いづらい


デジイチはミラーレス化が進行中で、ボディが小さくなる傾向がある。そして大抵の機種は三脚穴があって、左右はレンズの中心、前後はボディの中心にあけられていることが多いのだが……

オフセンターな三脚穴メチャ前寄り!

ねじれ止め穴を付けたかったためと思われるが、だったらねじれ止め穴は後ろではなく横に付けたらよかったのに。前寄りに穴をあけるために、要らない工夫した跡も見て取れる。

メーカーはどんな意図があってやったかわからない。現実には、前寄りに穴があることで締め付けたときに緩衝ゴム板があるタイプでは後ろが浮きあがってしまうところが気に入らない。

解決策

この頃は説明書すら付属しないので、困ったら自分で考えて解決するしかない。時代は逆行しているね。

相手は金属製に

アルミダイキャストむき出しのモノを使えば大丈夫そう。すべって回転してしまうならねじれ止め(脱落防止)穴があるからいいだろうということなのだろう。つまり機材を増やせということか。

幅を広くするのもいい

小ささを生かさずに、敢えて大きくして使うというのもあり。

バッテリーグリップを付ける

バッテリーグリップを付ければ幅が広くなって、従来通りの安定性はあるように見える。つまり機材を増やせということか。


そろそろ後継機種が出てくるのではないかという話もあり、解決されるといいですね。たぶん触れられることはないと諦めていますけど。

created by Rinker
¥363,000 (2024/07/15 03:05:48時点 楽天市場調べ-詳細)

Posted in mono
3 1 件の評価
Article Rating
ウォッチする
通知
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示

関連してるかもしれない記事