ホームページをデザインすること [フォトピエール]

企業の「顔」を作り、信頼を作る

ネットで探せない商品や企業は、世間的には無いも同然!

……そう言われるまでに、企業活動に於いてウェブサイト設置は一般的になりました。 そこに閲覧者は見やすさ、快適さやわくわく感をも求めています。日々移り変わる状況をきちんと説明できていることが、自ずと信頼へと繋がってゆきます。

何を伝え、閲覧者にどのような行動を期待するのか。そのために、イラスト・写真・コピーライティング・動画などを組み合わせて作り上げるのがウェブサイトです。

その上で、《検索》→《閲覧》→《お問い合わせ・来店》というユーザーの行動に結びつけてゆきます。

そのためには見た目も、内容も、構造も整えなくてはなりません。印象的で信頼感が伝わるデザインが必要なのです。

architect coffee concrete kaminaritei

コンテンツを効率よく管理する

管理しやすさもデザインしましょう。

かつてウェブ更新と言うと、ツールのインストールやHTML言語との格闘などの面倒がつきものでした。 それがイマドキでは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入により、日々の更新作業をよりスピーディーに、より日常的にすることが一般に浸透して参りました。メールを送信する程度の手間で、あるいはメールを送信するだけで、更新が可能となります。

専用ソフトがインストールされているパソコンじゃなきゃ更新できないという時代から、インターネットにアクセスできる様々な端末から更新ができるようになるわけです。

フォトピエールではMovable Type(MT)のカスタマイズも承っております。

どうぞお気軽にご相談ください。

マルチスクリーン

スマホのような小さい画面でも、オフィスに鎮座する大型ディスプレイでも、様々なサイズの画面で表示しても違和感なく見やすいデザイン。

統一感無くスマホ専用デザインを作るのは不親切で、閲覧者をPCサイトとの違いに混乱させがちです。PCでアクセスする閲覧者・モバイルでアクセスする閲覧者、それぞれに対する役割を考えつつ、閲覧者の立場でのサイト設計を提案しています。

カスタムメイドが基本です

決められたテンプレートに貴社名を入れ込むだけの制作はいたしておりません。それでよいのでしたら、無料のサービスがたくさんありますのでご検討ください。

お客様ごとに最適なカタチを提案している都合上、ズバリ価格をお知らせでません。内容やボリューム等によりますが、20万円〜100万円程度を目安としてください。 ご予算が決められている場合ははじめにお知らせいただければ、ご予算に沿った提案をすることも可能です。

見た目だけでなく、しっかりとした構造も

カッコいいホームページなのに見てもらえない……。それでは意味がありません。また、アクセス数はあるのにコンバージョンに至らず目的を達成することなく見るだけで終了となっても意味がありません。

閲覧者はどこからやって来て、サイト内の何をご覧になったのか。閲覧者に期待する行動とサイトの構造はマッチしているのか。そこを気にするのが「ウェブ解析」です。

先頭に
もどる