撮影からウェブ制作までご一緒にどうぞ

発注には特別なことはありません

1. ご相談ください

問い合わせページからご相談くださいますようお願いいたします。

わかる範囲でかまいませんので、なるべく具体的にお願いいたします。確認次第、お返事をいたします。

2. 打ち合わせ

撮影場所を決定し、いつ・どのように撮影し、どのような形でいつまでに納品するのかを決定します。また、悪天候の場合の対策も事前の打ち合わせで決めておきます。

  • 撮影場所、撮影箇所(シーン数)
  • 日程、悪天候の場合について
  • 360°くるくる写真以外の写真撮影について
  • 挿入するロゴ等に関して
  • ナビゲーションボタンの有無・デザイン
  • 納期、納入方法

とくに、時間帯やどの場所でどの程度の数を撮影するのかは、よく話し合って決定します。場合によっては、現地を訪れてロケハンしながらお話しをお伺いすることもあります。

事前にロケハンできているとわりとサッと撮れますが、話がまとまっていて状況が整っていれば、打ち合わせしたそばから撮ることもあります。

3. いよいよ撮影

ノーダルポイントを回転軸とするパノラマ撮影専用の雲台にカメラをセットして撮影します。 真上のカットも必要なので、屋外の場合は雨や雪が降っていると基本的に撮影できません。あらかじめご相談ください。

例示は、底を画像処理で作り出す手法のため、周囲360°を6カット+天井1カット=7カットの構成となっています。必要に応じて底を1〜2カット撮ることもあります。

撮った写真

並べやすくする為に時計回りに撮っていますので、南半球は反時計回りということはありません。

4. ステッチ

バラバラに撮った写真を1枚の画像につなぎ合わせるのが、ステッチです。この構成では底の写真がありませんので穴があいてしまいますから、底は書き加えています。 また、必要に応じた画像処理も併せて行います。

合成した写真

底辺に黄色い線が入っているのは、オーサリングすると底に黄色い円となって表示されます。

5. オーサリング

つなぎ合わせた写真を、ウェブブラウザでぐりぐり回せるように組み込みます。 HTML5での表示となりますが、HTML5が動かないブラウザやその他の理由で、Flash Playerでぐりぐり回すことも可能です。 自動判別のスクリプトが埋め込まれていますので、閲覧者はただ表示するだけで、迷ったり選んだりする必要はありません。

360°くるくる写真を表示します。
この表示がいつまでもある場合は、HTML5/CSS3, WebGL, または Adobe Flash Player 9 以上のいずれもインストールされていないようですので、違うブラウザでお試しください。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.

完成しましたら、事前の打ち合わせに沿った形で納品します。

なお、パノラマVRはウェブ上における表現方法のひとつです。ウェブデザインと併せてご検討ください。 ウェブ制作のご依頼がまだご検討段階でしたら、フォトPでもご相談を承りますので下記からどうぞ。

お問い合わせ

お訊ねになりたいことをお選びの上、問い合わせ画面にお進みください(省略可)

先頭に
もどる